読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ポケモンSM シーズン2】グロスランドレヒレ【最高レート2100 】

ポケモンSMでのポケバンク解禁後初のシーズンで環境が前シーズンから劇的に変わったので環境にあったPTを探すことにかなり苦労しました。

また、最終レートは19XXです・。・

 

今回構築を組むにあたり、ORASのボックスを見ていてあるポケモンを発見しました。

それがこの子です。

f:id:harukapkpk:20170313053846j:plain

プレシャスボールに入ったダイゴさんの色メタグロスです。

偶然にも性格が陽気だったため、王冠使えば使えるじゃん!と思い構築を組み始めました。

 

今回、使用したPTがこちらです。

f:id:harukapkpk:20170313055059p:plain

 

【個体紹介】

メタグロス

f:id:harukapkpk:20170313055519g:plain

性格 陽気 特性 硬い爪

 

 

技構成

アイアンへッド

しねんの頭突き

冷凍パンチ

バレットパンチ

 

努力値配分

H220 A84 B4 D4 S196

 

 

HSベースのメガメタグロス

ガブリアスのじしん+サメ肌ダメージ×2を確定耐え。

Sは最速ガブリアス抜き

基本的な役割対象であるカプ系列、ミミッキュ、ガブマンダなどに対して、Aに振っても確定数があまり変わりがなかったため耐久に努力値を多く振りました。

火力不足を感じることはありましたが、ミリ残しで耐えて勝った試合が多くあったのでこれでよかったと思う。

バンク解禁により、命中安定技を使えるようになりかなり使いやすくなった。

アイアンヘッドで怯ませたり、冷凍パンチで凍らせたりする運勝ちの化身。

2100のせた試合もカバルドンを凍らせた神ポコ。

 

カプ・レヒレ

f:id:harukapkpk:20170313062138p:plain

性格 控えめ 特性 ミストフィールド 持ち物 ミズZ

 

技構成

ハイドロポンプ

ムーンフォース

しぜんのいかり

ちょうはつ

 

努力値配分

H236 B12 C228 D4 S28 

 

しぜんのいかり+ミズZでH252ポリゴン2を確定

ミズZの火力目安としてH4ミミッキュ確定1発くらいの火力

耐久はようきガブリアスのじしんを乱数2発 (6.3%)くらい

 

このポケモン、火力をなめられていることが多く、交換先に負担をかけられる水Zで予想外の火力を押し付けることができ強かった。

特性やしぜんのいかり、ちょうはつもあり耐久ポケモンのを崩すこともでき、非常に使いやすかった。

 

 

霊獣ランドロス

f:id:harukapkpk:20170314022502g:plain

性格 わんぱく 特性 いかく 持ち物 ゴツゴツメット

 

技構成

じしん

がんせきふうじ

とんぼがえり

ステルスロック

 

努力値配分

H228 A4 B252 D4 S20

 

前からよく使ってた物理受けランドロス

ステロやゴツメなどで削って裏を一貫させるのがお仕事。

冷凍ビームもちのガルーラがほぼいなくなったため、ORASより使いやすくなった印象があります。

 

メガリザードン

f:id:harukapkpk:20170314023404g:plain

性格 おくびょう 特性 ひでり

 

技構成

かえんほうしゃ

ソーラービーム

めざめるパワー氷

ニトロチャージ

 

努力値配分

B4 C252 S252

 

テンプレのニトチャリザY

メタグロスが出しずらいPTに大体刺さる

こいついるだけで初手にステロ巻きがくることが多く、選出が読みやすかった。

技外しを嫌い、大文字ではなく、かえんほうしゃを採用しているがカプ・テテフやガルーラなどを落としきれないなどもあり、ここは要検討。

 

キノガッサ

f:id:harukapkpk:20170314024442g:plain

性格 いじっぱり 特性 テクニシャン 持ち物 きあいのタスキ

 

技構成

タネマシンガン

マッハパンチ

がんせきふうじ

キノコのほうし

 

努力値配分

B4 A252 S252

 

普通のタスキガッサ

SMに入って、催眠対策が薄いPTが多く、環境に刺さっていると思い採用。

実際、かなり動きやすかった印象。

ラムのみ持ちもほぼいなかったのでキノコのほうしの一貫がやばかった。

 

 

ポリゴン2

f:id:harukapkpk:20170314025507g:plain

性格 おだやか 特性 トレース 持ち物 しんかのきせき

 

技構成

イカサマ

10まんボルト

どくどく

じこさいせい

 

努力値配分

H244 B60 C4 D196 S4

 

いろいろ誤魔化す枠。

PTで重めの特殊高速アタッカー(カプ・コケコ、ゲッコウガメガゲンガー)などを考えHDで採用。

HDなのにウルガモスに勝てない構成だが、毒いれて再生連打していれば裏の先制技圏内にだいたい入るのでそんなに困った場面はなかった。

 

【基本選出】

基本的には

グロス+ランド+レヒレorポリ2

で選出。

相手PTに刺さりがいいときのみリザYとキノガッサは出します。

この2体がいることで相手はステロを初手にまく病気にかかるので表選出が機能した気がする。(タスキマンムーなんかほぼ100%初手で出てくる)

 

【きついポケモン、並び】

1.ナットレイテッカグヤ

リザードン以外対面で勝てないのでリザードン絶対選出になる。

特に、ナット、カグヤ+ウツロイドの並びは構築単位で無理、勝てない。

その並びを見たらグロスの冷Pで凍らせるしかない。(実際、1度だけ凍らせて勝ちました)

 

2.メガゲンガー

ステロ展開後のメガゲンガーで壊滅する。

ポリ2以外、有利を取れるポケモンがいない。

 

3.モロバレル入りの受けループ

無理。

基本受けループは、レヒレで相手のフシギバナまたはラッキーを削り、キノガッサリザードンのどちらかを一貫させることで勝てるが、バレルだと再生力のせいでレヒレで削ってもキノガッサ県内に入らないので崩せない。

 

【まとめ】

2100に乗ったが終盤に溶かしまくったため、弱いPTではないが環境にあってないPTだと感じた。

f:id:harukapkpk:20170322155546p:plain

 

質問等、ありましたらtwitterの方までお願いします。